TOEICのスコアアップ戦略15・文法(3)

TOEICのスコアアップのためには、Part5・Part6の問題で何を問われているのかを瞬時に判断することが大事です。なぜかというと、穴埋め問題の多くは、文章を全部読まないと解けないものと、読まなくても解けるものがあるからです。TOEICは時間の割に問題がとても多いので、短時間に解くことが重要です。ですから、文章全部を読まなくても解けるものなら、読まずに解く方が有利になります。では、どんな問題が、全部読まなくても解けるのでしょうか?

文章を読まなくても解ける種類の問題とは、同じ語幹で形容詞・名詞・動詞・副詞などから選択するようになっているものです。これは、文法を問われているので、全部を読まなくても問題が解けます。文法が分かっていれば、その文法に当てはめて何が入るかを考えるだけなので、文全体は読まなくて大丈夫です。逆に、文章を全部読まなければならないのは、ボキャブラリーを問われる問題です。文全体を読んで、どんな言葉が一番適当か探さねばならないので、文全体を読んで意味を理解することと、選ぶべき言葉を知っている必要があります。その時に、ボキャブラリーがいかに豊富かが重要になってきます。ただ、ボキャブラリーを増やすには時間と努力が必要ですので、簡単にスコアが上がらないのです。

医療脱毛茨城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です