コーヒーブレイク:脱毛を英語で言うと

ムダ毛の脱毛が、最近女性の間で当然になりつつあります。私は医療脱毛銀座で受けましたが、なんと、外国の方が結構いて驚きました。日本の技術は世界中から信頼されているんだなと感じました。

逆に、日本人が海外で生活するなら、脱毛もそこでやる人も多いでしょう。そこで、英語でなんと言うかを調べてみました。

脱毛は、英語でdepilationと言います。ただ、普通にはhair removalで通じるようです。脱毛といってもこちらはムダ毛の脱毛の方です。抜けて欲しくない髪の毛の方なら、hair lossで通じるらしいです。

ちなみに、レーザー脱毛ならLazer hair removal、電気脱毛ならElectrical hair removalだそうです。脱毛を施術するのがエステサロンなら、beauty salon、美容外科ならcosmetic surgery、美容皮膚科ならaesthetic dermatologyと、ちょっと難しい言葉になります。医療関係の言葉はネイティブでもあまり使わないようで、beauty skin doctorでも十分通じるようです。

銀座では日本の技術の高さから、外国のお客様が多いので、英語や中国語で接客しているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です