TOEICのスコアアップ戦略11「ボキャブラリーアップ(1)」

ボキャブラリーを増やすというのは、とっても大事とはわかっていてもなかなか難しいものです。でも、知らない単語ができるだけ少ない方が、英文を読むにも、英文を聞くにも有利ですよね。

たいていの人がそうだと思いますが、知らない単語に出会うと、そこで意識が取られて止まってしまいがちです。その単語がわからないから、次のフレーズが頭にすっと入っていかないので、その先が全くわからなくなってしまうのです。

慣れた人なら、知らない単語はスルーして、大体の予測を立てて意味を理解するというやり方をしているそうです。でも、知らない単語が多すぎると、予測の立てようもないですよね。

ボキャブラリーは、地道な努力が必要です。でも、根性で大学受験のように無理やり覚えなくてはと自分を追い込むほどのことはありません。

要は、どうやって覚えるか?です。

エビングハウスの忘却曲線というのがあります。人は、初めて覚えたものは24時間後には10〜20%しか覚えられないものなのです。でも、忘れ出した頃、例えば7時間後にもう一度覚えると、その分覚えられる範囲が広がります。忘れた頃にもう一度覚え直すという作業が必要になってくるのです。一度で覚えられなかったからと、自分を責めてもいいことなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です