TOEICのスコアアップ戦略11「ボキャブラリーアップ(1)」

ボキャブラリーを増やすというのは、とっても大事とはわかっていてもなかなか難しいものです。でも、知らない単語ができるだけ少ない方が、英文を読むにも、英文を聞くにも有利ですよね。

たいていの人がそうだと思いますが、知らない単語に出会うと、そこで意識が取られて止まってしまいがちです。その単語がわからないから、次のフレーズが頭にすっと入っていかないので、その先が全くわからなくなってしまうのです。

慣れた人なら、知らない単語はスルーして、大体の予測を立てて意味を理解するというやり方をしているそうです。でも、知らない単語が多すぎると、予測の立てようもないですよね。

ボキャブラリーは、地道な努力が必要です。でも、根性で大学受験のように無理やり覚えなくてはと自分を追い込むほどのことはありません。

要は、どうやって覚えるか?です。

エビングハウスの忘却曲線というのがあります。人は、初めて覚えたものは24時間後には10〜20%しか覚えられないものなのです。でも、忘れ出した頃、例えば7時間後にもう一度覚えると、その分覚えられる範囲が広がります。忘れた頃にもう一度覚え直すという作業が必要になってくるのです。一度で覚えられなかったからと、自分を責めてもいいことなしです。

TOEICのスコアアップ戦略10「シャドウイング(3)」

TOEICスコアアップ最短のためには、リスニングとリーディングのどちらかに勉強の比重を偏らせてはならず、どちらも力を入れていく必要があります。

シャドウイングは、基本的にはリスニングの力をつける方法になりますが、これを続けていると、案外リーディングにもいい結果が出て来ます。

なぜかというと、シャドウイングをきちんとやっていると、うまくおうむ返しができないところが出て来ますので、そこをスクリプトで確認し言えるようにする作業を地道にやっていると、英語の文章のパターンがそのまま頭にインプットされるからなのです。

ただし、スクリプトを確認せず、わからないところをそのままにして口だけ動かしたのでは、英文インプットはできないので、それでは効果が上がりません。

英語の文章は、日本人が日本語を英文に置き換えるような、学校英語ではうまくいきません。ネイティブが書く英語をそのまま頭に詰め込んで、自分がしゃべったり書いたりするときにはそれを借用する、という作業が必要なのです。

英語ネイティブが使う表現を頭に入れるためには、もう一つ、シャドウイングも同じ文章を何度も行うことです。私の先生は、音読も一つの文章につき100回やれとおっしゃいます。正直大変ですが、やってみると、50回位を超えたくらいからほとんど暗記で言えるようになるのです。英語も暗記してその中から使いたいことを引っ張り出していくという脳内作業ができるようになると、しめたものです。素早く英文が頭の中で理解できるようになって来ます。